Interview with 彪(Aya)

北海道小樽市出身。
2018年春には自身のソロプロジェクトを立ち上げ、ベーシストに留まらず、シンガーソングライターとしても動き始める。
そのコンセプトは「偽りのない自分」。一人間としての自分を音楽で知らしめたい思いがきっかけだった。
苦悩を美化するのではなく、共感を強要するものでもなく、感情そのものを音楽にあらわしている。

Born in Otaru, Hokkaido.
In the spring of 2018, Aya launched her own solo project and started to work as a singer-songwriter as well as a bassist.
The concept is “true self“. Because I wanted to make myself known as a person through my own music.
Aya’s music does not glorify suffering, nor does it force anyone to sympathize, but rather it expresses feelings of her own.

彪様、インタビューの機会をいただき有難うございます!!
Aya, thank you very much for this interview!

Choose your language:
PAGE 2 = 日本語 = ここを読む
PAGE 3 = ENGLISH(英語)= READ HERE

Translation by: Ryu, Yasu & RIORIO

SNS
Official Website
配信楽曲
Twitter
Instagram
YouTube

マネージャー三橋徹 Twitter
オフィス音楽人 Twitter

One thought on “Interview with 彪(Aya)

Comments are closed.

%d bloggers like this: