Musu bore

Musu Bore are
読み方は「むすぼれ」。名前の由来はR.D.レインの著書「結ぼれ(Knots)」から。

2001年11月24日
、活動開始。

機械演奏にもかかわらず独特の暖かで湿気を帯びた空気感と、ブレイクビーツやトリップ・ホップを取り込んだスロウでダウナーなビートやグルーブが融合するサウンドや、80年代のニュー・ウェイブにも通じるダークで重厚な世界観が、Club系、バンド・ミュージシャンのみならず、国内外、ジャンルを問わず多くのミュージシャン達に好評を得る。

ライブは、過去、映画館・カフェ・カジノバー・路上・ライブハウスと、スタイルや場所を選ばず、楽器編成やパフォーマンス自体も変幻自在に可変する。

2006年7月
にアルゼンチンのThe Cure全曲カバー・コンピレーション「Pink Pig Update」にAlt End.で参加。日本のみならず、アジア圏としては初参加。

2006年12月8日
、1st Album「Nursery Rhyme」発表。
数度のメンバーチェンジを経て、現在、TELL(Drum: ex AUTO-MOD, ex MOTHER GOOSE)、増原克彦(Bass: koldcake、殻、ソウチ、blgtz)が参加。その重厚な世界観をより完全なものとするための本格的なバンド体制を構築し、圧倒的な存在感のライブを展開している。

2012年9月14日、3人体制の元で公式音源としては数年ぶりとなる「denial e.p.」を発表。これまでにない高速で性急なビートと攻撃的なギターを融合した「Denial」、New Orderを彷彿とさせる切ないエレクトロサウンドを聞かせる「Tell A Lie」、これまでのステージで幽玄なサウンドを繰り広げていた「If Anymore」といった曲の幅広いバリエーションを持たせながら、一貫として流れる統一された空気感を保つサウンドは、シーンに激震を走らせている。

2013年11月1日 「ladder to heaven e.p.」発表

2014年11月26日、プロデューサーに石塚Bera伯広を迎え、2nd Album「Rain Dome」を発表。「Nursery Rhyme」の続きとして出されるはずだったアルバムだったが、さまざまな事件で発表が遅れていたため、ファン待望の音源となる。

2015.11.01 初のワンマン「Musu Bore ONEMAN -new song- 」
2時間30分に渡る長大なライブを閉店が決まった新宿URGAで敢行する。

2016年01月27日 先のワンマンライブからベストテイクを集めたライブアルバム「Chronicles Of Silver Fluid – 2015.11.01 At Shinjuku URGA」を発表。

2016年「Nursery Rhyme optimized e.p.」発表。1st Album「Nursery Rhyme」の曲を、10年後に3人体制でやり直すというコンセプトで、ちょうど10年後の同じ日に発表された。

Twitter @musubore_info
Official Website
Official Youtube

1394536399_artist_4015385-1394536348

Advertisements